トヨタ「カローラ」が4カ月ぶり首位-登録車の車種別2月販売(3)

日本自動車販売協会連合会(自販連) が6日発表した2月に国内で最も売れた登録車(排気量660cc超)は、トヨタ の「カローラ」だった。前年同月比11%減だったものの、昨年10月以来、4 カ月ぶりに首位に返り咲いた。ホンダの小型車「フィット」の4カ月連続首位 はならず、2位となった。

上位10車種では、トヨタが6車種、日産自動車が2車種、ホンダが2車種 入った。トヨタが上位10車種で過半数を占めたのは昨年10月の7車種以来、 4カ月ぶり。自販連の八木橋稔之氏はトヨタが4カ月ぶりに首位になったこと やトヨタ車が過半数を占めたことについて、「決算期に向け各社が販売攻勢をか けるなか、トヨタの力が他社よりも上回ったのではないか」と指摘した。

ただ、トヨタは新車種以外、「カローラ」、小型車「ヴィッツ」、ミニバン「エ スティマ」などの販売台数が昨年の販売実績と比べると減少している。

ホンダは12月に発売を開始したミニバン「モビリオ」が月間販売目標を上 回る7266台で9位にランクイン。日産自動車は小型車「キューブ」、RV車「セ レナワゴン」が前年同月を上回る結果となった。

軽自動車は「ライフ」が2カ月ぶり首位

軽自動車メーカー広報担当が話した数値をブルームバーグ・ニュースが集 計した結果によると、軽自動車(排気量660cc以下)では、ホンダの「ライフ」 が2カ月ぶりに首位となった。

ホンダのライフの販売台数は、前年同月比12.1%と他の軽自動車に比べ下 落率が小幅にとどまっている。それに対し、スズキの場合、「ワゴンR」、「MR ワゴン」など、主力車種が数車種に上っているため、2位にランクインしたワ ゴンRの販売台数は前年同月比29.7%減と大きく落ち込んでいる。ホンダは2 月8日から新型車「That's(ザッツ)」の販売を開始しており、ライフが3 月の販売でも首位を守れるか難しい状況といえる。

【2月の登録車販売台数】

〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「カローラ」 (トヨタ) 18700台(-11.0)

2.「フィット」 (ホンダ) 16969台( --- )

3.「ヴィッツ」 (トヨタ) 11845台(-15.2)

4.「エスティマ」 (トヨタ) 10948台(- 1.5)

5.「ノア」 (トヨタ) 10090台( --- )

6.「キューブ」 (日産自) 8993台(+ 7.2)

7.「ヴォクシー」 (トヨタ) 8532台( --- )

8.「セレナワゴン」 (日産自) 7685台(+22.7)

9.「モビリオ」 (ホンダ) 7266台( ---)

10.「クラウン」 (トヨタ) 7069台(- 9.6)

【2月の軽自動車販売台数】

〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「ライフ」 (ホンダ) 16186台(-12.1)

2.「ワゴンR」 (スズキ) 16111台(-29.7)

3.「ムーヴ」 (ダイハツ) 13422台(-22.9)

4.「eKワゴン」 (三菱自) 13303台( --- )

5.「アルト」 (スズキ) 10149台( --- )

6.「ミラ」 (ダイハツ) 9064台(-26.3)

7.「MAX」 (ダイハツ) 8068台( --- )

8.「MRワゴン」 (スズキ) 7484台( --- )

9.「プレオ」 (富士重) 7384台(-14.4)

10.「サンバー」 (富士重) 5190台(-12.3) 注:「アルト」には「アルト ラパン」が含まれている

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03) 3201-8960 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE