米経済ニュースサマリー:PG&E、マイクロソフト、オラクルほか

米金融経済、企業動向に関する主なニ ュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎PG&E

破たんしたカリフォルニア州電力最大手パシフィック・ガス・アンド・エ レクトリックを傘下に持つPG&Eが5日発表した第4四半期(10-12月)決 算は、純利益が5億2900万ドル(1株当たり1.45ドル)。電力調達コストが85% 減少したのが利益に貢献した。前年同期は41億2000万ドルの赤字だった。

--------------------------------------------------------------------- ◎マイクロソフト

パソコンソフト最大手、米マイクロソフトの反トラスト法(米独禁法)訴 訟で、同社は5日、暫定和解案に同意していない全米9州の是正措置案をめぐ る公聴会を、当初予定だった11日から2週間延期するよう求めた。

--------------------------------------------------------------------- ◎オラクル

米ダウ・ジョーンズ通信は5日、データベースソフト最大手オラクルのヘ ンリー最高財務責任者(CFO)の話として、同社が財務諸表に関する情報の 開示を強化する方針であると伝えた。

--------------------------------------------------------------------- ◎コールズ

米百貨店チェーンのコールズが5日発表した第4四半期(11-1月)決算 は、前年同期に比べ31%増益。新店舗の開設や子供服ブランドの導入が利益に 貢献した。純利益は2億3380万ドル(1株当たり68セント)、売上高は前年同 期比23%増の27億2000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ディーア

農業機械最大手の米ディーアは5日、イリノイ州スプリングフィールドに ある工場を閉鎖し、200人を削減すると発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎フォード

自動車2位、米フォード・モーターのフォード最高経営責任者(CEO) は5日、米経済の先行きが不透明なことを理由に、同社のことしの利益見通し を上方修正するのは時期尚早だとの考えを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎グローバル・クロッシング

米通信会社シチズンズ・コミュニケーションズは5日、契約履行命令がな い場合は4億ドル以上の損失を被る恐れがあるとして、破たんした高速国際通 信会社グローバル・クロッシングを相手取り、連邦破産裁判所に訴えを起こし た。

--------------------------------------------------------------------- ◎ユナイテッド航空

米2位の航空会社、ユナイテッド航空の整備工労組は5日に労働協約改正 案を可決し、7日に実施される恐れがあったストライキが回避される見通しで あることが複数の労組関係者の話で分かった。

--------------------------------------------------------------------- ◎ディラーズ

米百貨店チェーン、ディラーズが5日発表した第4四半期(11-1月)決 算は、前年同期に比べ55%増益。コスト削減に加え、婦人靴などの収益性の高 い商品の売り上げ増加が利益に貢献した。純利益は1億200万ドル(1株当た り1.21ドル)、売上高は同4.8%増の25億3000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎メルク、ファルマシア

製薬大手の米メルクは5日、同社の鎮痛剤「Vioxx」をめぐる特許権侵害訴 訟で、欧州特許局は同業の米ファルマシアの主張を退けたと発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎エクソン・モービル

米メジャー(国際石油資本)エクソン・モービルのレイモンド最高経営責任 者(CEO)は5日、99年のモービル買収による収益効果について、当初見込 みより経費削減額が10億ドル多くなるうえ、売り上げの伸びもより大幅になる との見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ステープルズ

米オフィス用品2位のステープルズが5日発表した第4四半期(11-1月) 決算は、コスト削減や店舗改装が進むなか、純利益が9380万ドル(1株当たり 20セント)となった。前年同期は1億1170万ドルの純損失。同社はまたことし の利益見通しを上方修正した。

--------------------------------------------------------------------- ◎暖冬

米国の2001-02年の冬の気候が、観測史上5番目の暖冬となったことが米 気象当局の暫定集計で分かった。全米の平均気温はカ氏36.6度(セ氏2.39度) と例年の平均を3.3度上回っている。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE