フィリピン:7年物国債を10億ドル発行へ-利回り8.5-8.55%

フィリピン政府は7年物国債の発 行条件について、規模を10億ドル(約1300億円)、利回りを8.5-8.55%に 設定したことが、発行に携わった複数の銀行関係者の話で5日明らかになった。 規模は当初7億ドルを予定していたが、需要好調を受けて4割増額した。

政府は起債で調達した資金を、財政赤字の穴埋めや国営電力会社ナショナ ル・パワーの返済原資の一部に充てる。

利回りにレンジが設定されたのは、2008年、2010年償還の国債利回りを 考慮したためだという。2008年償還の利回りは約8.1%、2010年は約8.7%で 推移している。

引受主幹事はドイツ銀行、HSBCホールディングス、J.P.モルガン・ チェースが務めている。

香港 Paul Scanlon、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi、 --*(03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net   Editor:Kakuta

参考画面: フィリピン既発国債のリスト {PHILIP <Govt>

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE