BMBとタイカン:8月1日付で合併-事業分担から統合へ方針転換

カラオケ事業を展開するユーズ・ビ ーエムビー(BMB)エンタテイメントとタイカンは28日、両社が合併するこ とで合意したと発表した。合併期日は8月1日の予定。「カラオケの製造企画 からレンタルまでを総合事業として一体化する」(BMBの中辻一夫社長)こ とで、ブロードバンド時代における優位性を確保する考え。

両社は97年から業務提携を進めており、BMBは企画開発、製造といった 川上分野、タイカンは販売・レンタルの川下分野を担当してきた。しかし、カ ラオケ需要の低迷と競争激化、ブロードバンド時代の到来などを踏まえ、合併 によってユーザーを囲い込むとともに収益力を強化する。カラオケ端末数はピ ークの1979年ころに55万台前後を記録したが、その後はスナック・バー向け、 カラオケボックス市場ともに減少傾向が続いており、現在は42万台程度とみら れる。

2年後に有利子負債の半減図る

合併に際してはBMBを存続会社とする。新会社の社名は「ユーズ・ビー エムビー・タイカン(仮称)」、同社社長には中辻BMB社長、別宮浩・タイ カン社長は顧問にそれぞれ就任する。

新会社のカラオケ営業端末数は約10万台弱で、第一興商(約13万台)に 次ぐ2番手となる見通し。また不採算事業からの撤退、資産売却、重複部門の 整理などによって、合併時の有利子負債約230億円を04年3月期までに半減さ せる計画。タイカンが運営しているカラオケボックスの赤字店や外食店などは 整理する。ブロードバンド事業や非重点分野では、有線ブロードネットワーク スとの連携を強化する。

今後2年間における新会社の売上高予想は310億円、合理化効果で「営業 利益と経常利益は増加する」(中辻BMB社長)と見込んでいる。

タイカンの株価終値は、前日比5円(2.04%)高の250円、ユーズ・ビー エムビー(BMB)エンタテイメントは同20円(7.33%)高の293円。

大阪 藤元 茂 Shigeru Fujimoto --* 06-6222-1961 sfujimoto@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

企業ニュース:NI KIGYO、NI COS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE