日本株【個別銘柄】:スターゼン、愛知機械、豊田合、東燃ゼネ、日航

28日の主な銘柄の値動きは次の通り。

スターゼン(8043):50円(32.6%)安の103円ストップ安(値幅制限いっ ぱいの下落)となり、約410万株売り気配のまま午前の取引を終了した。牛肉 と豚肉の一部を高額品に偽装して卸売りしていたと27日夜に発表したことで、 嫌気売りが相次いでいる。

愛知機械工業(7263):27円(10.6%)高の280円と4日続伸。日産自動車 が3月5日に発売する新型「マーチ」向けのエンジン生産を開始したことから、 収益拡大につながるとの見方が広がっている。愛知機械の株価は、前週末終値 に比べ36.6%も上昇している。

豊田合成(7282):110円(6.8%)高の1710円と続伸。携帯電話のカラー 液晶画面などに使われる白色LED(発行ダイオード)について、月間での生 産ペースや受注先が決まるなど量産が本格化するとの一部報道を受け、あらた めて今後の成長性に期待が寄せられているようだ。

東燃ゼネラル石油(5012):60円(6.3%)高の1000円と続伸。27日に発 表された2002年12月期の年間配当を2円増配するとの計画が好感されている ようだ。

新光電気工業(6967):60円(1.7%)高の3410円と3日続伸。一時180円 (5.3%)高の3530円まで上昇した。ICパッケージの受注拡大などを理由に、 27日に今期業績見通しを上方修正したため、当面の業績底打ちを評価する買い が継続した。

エーザイ(4523):10円(0.3%)高の3300円と4日続伸。2006年度(2007 年3月期)の連結純利益を600億円まで引きあげることを柱とする中期経営計 画を27日発表したのを受けて、収益拡大期待が一段と強まった。

イズミ工業(7286):23円(95.8%)安の1円と急落。同社は27日、子会 社2社を含め、東京地方裁判所に対して民事再生手続開始の申し立てを行い、 同裁判所から弁済禁止などの保全処分の決定を受けた、と発表。これを受けて 売りが殺到している。

ヒューネット(8836):50円(30.4%)高の214円とストップ高(制限値幅 いっぱいの上昇)。同社の筆頭株主である豊田合成が携帯電話のカラー液晶画面 に欠かせない白色LED(発光ダイオード)の量産を本格化すると一部で報じ られたことから、同社の液晶事業も拡大するとの連想買いが膨らんだもようだ。 午前の取引終了時の出来高は127万8000株にのぼり、値上がり率とともにジャ スダック市場でトップにつけた。

ジャルックス(2729):日本航空の子会社で航空関連機材などの卸売りを行 うジャルックスがこの日、東証2部に新規上場した。初値は585円と、公募価 格600円を2.5%下回った。その後の取引でもあまり買い注文が入らず、550円 で午前の取引を終了した。公募・売出株数は150万株、主幹事は日興ソロモン・ スミス・バーニー証券。

航空株:全日本空輸(9202)が16円(4.7%)高の351円と3日続伸、日 本航空(9201)が7円(2.0%)高の354円と4日続伸して、ともに年初来高値 を更新。国内の航空需要回復が明確になり、国際線も回復基調に入ったことが 評価されたとみられる。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net  Editor:Akama

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE