米国株【個別銘柄】:シスコ、マイクロソフト、ギャップ、イムクローン

27日の主な銘柄は以下の通 り。

シスコシステムズ(CSCO):1.26ドル(8.1%)安の14.24ドル。ワコ ビア証券のアナリスト、コフラー氏は、ネットワーク機器最大手シスコシステム ズのことしの利益が予想を下回る可能性があると指摘した。大口顧客の多くが、 ネットワークを含む情報技術(IT)プロジェクトの承認に消極的なことが理由。

マイクロソフト(MSFT):16セント(0.3%)安の58.39ドル。パソンソフト 最大手マイクロソフトは、同社に対する反トラスト法(独禁法)訴訟で米司法省が示 した和解案を「より明確にする変更点」を、同省とともに提示すると発表した。

ギャップ(GPS):1.15ドル(8.5%)安の12.40ドル。衣料品小売り最大手の ギャップは、クリスマス商戦での値引きが響き、初の2四半期連続赤字を計上した。 同社はまた、10億ドル(約1300億円)相当の転換社債を発行すると発表し、株式希 薄化の懸念を呼んだ。

金融株:政策金利の据え置き観測を背景に、金融株が軒並み上昇。低金利に よる住宅ローン需要の増加で業績が拡大するとの期待感から、連邦住宅抵当金庫 (ファニーメイ、FNM)が1.14ドル(1.5%)高の77.91ドルに上昇。シティ グループ(C)は44セント(1.0%)高の44.24ドル。

イムクローン・システムズ(IMCL):5.01ドル(32%)高の20.53ドル。米 食品医薬品局(FDA)は、バイオテクノロジーのイムクローン・システムズが開発 している抗がん剤「Erbitux」の欧州での研究結果を検討する可能性があるこ とを明らかにした。

コーチ(COH):4.53ドル(10%)高の49.88ドル。皮革製品のコーチは、 新しいデザインの商品投入が奏功し、第3四半期(1-3月)の利益は予想を上 回ろうとの見方を明らかにした。

アリバ(ARBA):65セント(16%)高の4.70ドル。J.P.モルガン 証券のアナリスト、モートン氏は、電子商取引ソフトのアリバの投資判断を「マ ーケット・パフォーム(市場平均並み)」から「買い」に引き上げた。

ニューヨーク  Chris Dolmetsch、ほか 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo、  木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE