出光など3社:3月ガソリン卸価格、前月比で値上げへ-コスト上昇で

東京 2月26日(ブルームバーグ):出光興産やジャパンエナジー(Jエナ ジー)、コスモ石油は3月1日出荷分から店頭価格に反映するガソリン卸価格を 前月比で値上げする。3社の広報担当者が明らかにした。

原油コストが上昇傾向にあることや、為替相場が円安・ドル高となり、原 油調達コストが膨らんだことが値上げの要因。

出光興産は、1月と比べて3円(1リットル当たり)値上げする。同社は 2月の卸価格を前月と比べて2円引き上げることにしていたが「末端市況が軟 調に推移しており、取り残し分が発生する可能性もある」(同社の総務部広報課・ 桜井克彦氏)ことから、販売店や特約店に1月と比べ3円の大幅な値上げを通 知した。

一方、Jエナジーは3月卸価格について、前月比で1円の引き上げを決め た。同社は1月に30銭、2月に2円を引き上げたが、調達コストが引き続き上 昇していることを考慮して、3月も値上げに踏み切る。また、コスモ石油は2 月比で1円の値上げを決めている。

ガソリンの店頭価格を調査する日本エネルギー経済研究所・石油情報セン ターによると、2月10日現在のレギュラーガソリン店頭小売価格(1リットル 当たり)は全国平均で98円と、4カ月連続で低下した。この価格は2000年2 月以来、2年ぶりの低水準となる。

日興ソロモン・スミス・バーニー証券株式部の望陀謙智バイスプレジデン トは「日石三菱、コスモ石油、ジャパンエナジーなどの日本系企業は決算期を 控えて、卸価格を値上げしたい考えがある。ただ、末端市況は軟調のため、蓋 (ふた)を開けてみないと分からない状態」としており、各社の値上げが浸透 するかどうかは不透明とみている。

日石三菱の株価は前日と変わらずの561円、コスモ石油が前日比3円 (1.60%)高の190円、Jエナジーが同1円(0.67%)高の151円(午前10時 52分現在)。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --* 03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net Editor:Abe

企業ニュース:JBN18, NI COS, NI KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE