JPモルガンなど米大手金融4社を証人喚問-エンロン調査で米上院

J.P.モルガン・チェー ス、リーマン・ブラザーズ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン、シテ ィグループの米大手金融4社のアナリストらは、27日の米上院政府活動委員会 の聴聞会で、エネルギー卸売会社エンロンの財務悪化にもかかわらず、同社の 投資判断を「買い」で維持した理由について証言する見通しだ。同委員会関係 者が22日明らかにした。

エンロンによる69件の企業買収(総額約400億ドル)と、過去17年間で 138件に上る起債を引き受けた金融機関は、4社を含めて十数社。モルガン・ス タンレー・ディーン・ウィッター、メリルリンチ、ドイツ銀行、CIBCワー ルド・マーケッツ、ワコビアのアナリストも投資推奨している。

同委員会で証言を予定するコンシューマーズ・ユニオン顧問のトーレス氏 は、「証券会社とのビジネスを中止するのを恐れて、エンロンの投資判断を引き 下げられなかったアナリストのリポートが多数出てきている。これは問題だ」 と指摘した。

同委員会の広報担当、ソロモン氏は、証言を予定するアナリストの名前に ついて明言を避けている。証券会社側の広報担当によると、CSFBはエンロ ン担当アナリストであるカーティス・ローナー氏、J.P.モルガンはエンロ ン担当のアナトル・フェイギン氏が証言するという。

ワシントン William Roberts 、Russell Hubbard、 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo、 --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE