米経済ニュースサマリー:アメックス、コンセコ、ボーイングほか

米金融経済、企業動向に主な関する ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ウェルポイント・ヘルス

カリフォルニア州の健康保険大手、米ウェルポイント・ヘルス・ネットワ ークスは21日、1対2の株式分割を実施すると発表した。対象は3月5日時点 での株主。同社の株価は過去1年間で31%上昇している。

--------------------------------------------------------------------- ◎BEAシステムズ

インターネット関連ソフト大手の米BEAシステムズが21日発表した第4 四半期(11-1月)決算は、前年同期に比べ44%減益。売り上げ減少や人員削 減に伴う特別費用の計上が響いた。純利益は1060万ドル(1株当たり3セント)、 売上高は同9.6%減の2億3130万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎サックス

百貨店チェーン「サックス・フィフス・アベニュー」を展開する米サック スが21日発表した第4四半期(11-1月)決算の暫定集計は、売り上げの減少 幅が予想以下にとどまったことで、1株利益が予想以上になった。一部費用を 除く実質ベースの純利益は約7200万ドル(1株当たり50セント)。また、同社 が発表した通年(2001年2月-2002年1月)の実質ベース1株利益は17セン トと、市場予想平均(同14セント)を上回った。

--------------------------------------------------------------------- ◎アメリカン・エキスプレス

クレジットカード大手、米アメリカン・エキスプレスの投資顧問子会社ア メリカン・エキスプレス・ファイナンシャル・アドバイザーズは21日までに、 雇用差別をめぐる集団訴訟で和解するため、3100万ドル(約42億円)を支払う ことに同意した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ノードストロム

高級百貨店チェーンの米ノードストロムが21日発表した第4四半期(11- 1月)決算は、前年同期に比べ88%増益。コスト削減を進めたことや、値引き 幅を抑制したことが利益に貢献した。純利益は5070万ドル(1株当たり38セ ント)、売上高は同1.5%減の16億3000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎ユナイテッド航空

米2位の航空会社、ユナイテッド航空は21日、昨年9月の同時テロの影響 でレイオフ(一時帰休)した客室乗務員1200人を再雇用すると発表した。旅客 需要の回復に対応し、一部の便の運航を再開するため。

--------------------------------------------------------------------- ◎バーンズ・アンド・ノーブル

米書籍販売最大手のバーンズ・アンド・ノーブルは21日、株価が4.1%高 と大幅に上昇した。同社が発表した暫定集計によると、昨年度(2001年2月- 2002年1月)は一部費用を除いた実質ベース1株利益が1.28ドルと、市場予想 を上回った。今年度も予想を上回る1.87ドルになる見通しという。

--------------------------------------------------------------------- ◎ラジオシャック

電子家電小売り3位の米ラジオシャックが21日発表した第4四半期(10- 12月)決算は、前年同期に比べ76%減益。パソコンや衛星テレビ機器の売り上 げ減少が響いた。純利益は3520万ドル(1株当たり18セント)、売上高は同4.3% 減の15億2000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎コンセコ

米保険・金融サービス大手のコンセコが21日発表した第4四半期(10-12 月)決算は、3四半期連続の赤字。消費者金融や対エンロン投資での損失が響 いた。純損失は5800万ドル(1株当たり17セント)、売上高は同6%減の20 億4000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎コカ・コーラ

清涼飲料水最大手の米コカ・コーラは21日、四半期配当を11%増額したこ とを明らかにした。キャッシュフロー(現金収支)が好調なのを支えに、1株 当たりの配当は18セントから20セントに引き上げられた。

--------------------------------------------------------------------- ◎食料品価格

米農務省は21日、ことしの国内食料品価格の上昇率について、96年以来の 高水準となった昨年を下回るとの見通しを示した。景気減速や、豚肉・鶏肉の 供給増加が主な理由という。

--------------------------------------------------------------------- ◎PG&E

昨年経営破たんしたカリフォルニア州最大の電力会社を傘下に持つ米PG &Eは21日、発電施設のリースに関連した会計処理を見直すため、第4四半期 (10-12月)決算の発表を延期したことを明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎ボーイング

航空機最大手の米ボーイングは21日、衛星製造部門で最大合計1050人の 人員削減を計画していることを明らかにした。顧客である通信会社からの需要 の落ち込みに対応するため。

--------------------------------------------------------------------- ◎フィリップ・モリス

たばこ最大手、米フィリップ・モリスは、特別損益を除く実質ベースでこ としの1株利益が9-11%増になるという従来の予想を達成できる見込み。米 国内たばこ製造会社フィリップ・モリスUSAの最高経営責任者(CEO)が 21日明らかにした。

--------------------------------------------------------------------- ◎財政収支

米財務省が21日発表した1月の財政収支は、437億ドルの黒字。源泉徴収 税率の引き下げや景気減速の影響で税収が伸び悩みんだ一方、国防支出が増加 したことで、前年同月に比べ黒字幅は縮小した。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 Editor:Kobari --* (813) 3201-8867

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE