米コンピューター・アソシエーツ:追加信用枠利用-短期資金調達難で

会計不正疑惑が浮上してい るソフトウエア5位の米コンピューター・アソシエーツ・インターナショナル が、追加信用枠の利用に動いたことが、事情に詳しい複数の関係者の話で21 日明らかになった。米連邦捜査局(FBI)が同社の会計処理を捜査している との報道を受け、短期資金の調達コストが急上昇しているのが背景にある。

ブルームバーグ・データによると、米大手証券クレディ・スイス・ファー スト・ボストン(CSFB)がコンピューター・アソシエーツに対し、30億 ドル(約4000億円)の追加信用枠を設定している。これに先立ち同社の2週 間物コマーシャルペーパー(CP)の利回りは3%に上昇。同等の格付けの社 債を0.75ポイント近く上回っている。

20日付の米紙ニューヨーク・タイムズなどによると、コンピューター・ アソシエーツは、ソフトウエアの売上高と保守点検費の計上方法について、F BIと米証券取引委員会(SEC)から調査を受けている。

ニューヨーク Liz Goldenber 、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net  Editor : Tabuchi

企業ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE