米国株【個別銘柄】:シスコ、インテル、AOL、シエナ、IBM

21日の主な銘柄は以下の通 り。

コンピューター・アソシエーツ・インターナショナル(CA):2.01ドル (9.6%)安の18.90ドル。ソフト大手のコンピューター・アソシエーツ・イン ターナショナルは、米連邦捜査局(FBI)による会計処理への調査報道で短期 資金調達コストが急上昇したため、銀行の融資枠を利用したのが嫌気され、急落 した。

インテル(INTC):1.96ドル(6.2%)安の29.48ドル。バンク・オブ・ アメリカ証券のアナリスト、リー氏は、第2四半期の需要低迷を理由に、半導体 最大手インテルの利益予想を下方修正した。

シスコシステムズ(CSCO):1.58ドル(9.5%)安の15.11ドル。ニュ ーヨーク・ポスト紙は、ネットワーク機器最大手シスコシステムズの幹部が、1990 年代にシスコとの関係で大きな利益を受けた特別目的会社に出資していると報 じた。シスコ幹部は同報道についてコメントを控えている。

シエナ(CIEN):1.10ドル(13%)安の7.60ドル。光通信機器メーカ ーのシエナは、大口顧客2社からの受注が予想を下回る可能性があるとして、今 四半期の売上高見通しを下方修正した。同時に発表した第1四半期(11-1月) 決算は赤字となり、売上高は54%減少した。

IBM(IBM):2.93ドル(3.0%)安の96.38ドル。コンピューター大 手のIBMは、企業会計への不信感が再燃し、下落。年初来の下落率は約20%。

アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG):2.68ドル(3.6%) 安の71.04ドル。保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループ(A IG)は、金融サービスのPNCファイナンシャル・サービシズ・グループの会 計処理に関して調査している米証券取引委員会(SEC)から召喚状を受け取っ た。AIGはPNCと提携関係にある。

ボーイング(BA):90セント(2.1%)高の44.21ドル。世界最大の航空 機メーカー、ボーイングは、通信会社からの需要減退を受けて衛星事業部門で最 大1050人の人員削減を計画していることを明らかにした。

通信株:米地域通信大手のベルサウスがアルゼンチンとベネズエラの通貨下 落と経済の悪化を理由に2002年通期の利益見通しを下方修正したことから、通 信株が下落した。ベルサウス(BLS)は2.50ドル(6.2%)安の37.95ドル。 米地域通信最大手のベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)は2.16ドル (4.6%)安の44.45ドル。

AOLタイム・ワーナー(AOL):1.20ドル(5.0%)安の23.00ドル。 メディア・インターネット接続最大手のAOLタイム・ワーナーの株価は4日続 落し、この間の下落幅は16%に達した。米紙ウォールストリート・ジャーナル は、最大社外株主であるジャナス・キャピタルが同社株を売却していると報じた。

J.C.ペニー(JCP):2.80ドル(12%)安の20.79ドル。百貨店チェ ーンのJ.C.ペニーは、年金基金からの利益減少で、ことしの利益の伸びは予 想を下回ろうとの見通しとを明らかにした。

ニューヨーク  Chris Dolmetsch ほか 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo  木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE