アライド・アイリッシュ銀の株主、経営陣に辞任圧力-FT

アイルランドの銀行最大手アラ イド・アイリッシュ銀行(AIB)の株主の間では、同行が過去5年間にわた って許可されていない不正外為取引を見落としていたことを認めていたのを受 け、マイケル・バックリー最高経営責任者(CEO)など同社経営陣は辞任の 必要があるとの見方が浮上している。21日付の英紙フィナンシャル・タイムズ が複数の幹部の話を基に報じた。

同紙によると、経営陣交代を予想するある関係者は、同行が不正取引で過 去5年間に6億9100万ドル(約920億円)の損失がもたらされた事実を認めた ことは、投資家に大きなショックをもたらしたと指摘した。

一方、バックリーCEOは、辞任の意志はないと述べ、米子会社オールフ ァースト・ファイナンシャルの不正取引に関する独立調査委員会の調査結果を 待ちたい考えを示した。さらに、問題の取引を行ったトレーダー、ジョン・ラ スナック氏が勤務していたボルティモアの財務部門は、オールファーストの経 営陣に業務報告しており、AIBの資本市場部門の管轄ではないと主張した。

ロンドン  Claire Shoesmith 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net      Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE