昭和シェル:前期純利益は79%減の26億円-退職給付の処理で

東京 2月20日(ブルームバーグ):石油元売り大手の昭和シェル石油が20 日発表した2001年12月期連結決算によると、純利益は前期比79.1%減の26億 円と大幅に減少した。退職金の積み立て不足を一括で処理するため特別損失が 膨らんだうえ、在庫評価方法の変更で111億円の減益要因となったことなどが 響いた。

売上高は前期比1.6%増の1兆6649億円。販売量(単体ベース)は前期並 みの4190万キロリットル(kl)。販売量の主な内訳は、揮発油が同4.6%増の 798万kl、灯油が同7.8%増の380万kl、ジェット燃料が同3.7%増の230 万klとなった。

経常利益は同25.3%減の290億円と大幅な減益となった。ただ、在庫評価 方法を変更で2000年は171億円の増益要因となったものの、2001年は111億円 の減益要因となり、原油価格の動向が業績に影響する格好となった。この評価 方法の変更を除くと、経常利益は前期の水準を上回り、実質的には増益となる としている。さらに、精製製造費の改善や人件費削減なども寄与した。

特別損失は、退職金の積み立て不足を一括で処理するため306億円を計上 したほか、固定資産処分損やゴルフ会員権評価損など408億円を計上した。一 方、特別利益は遊休地売却や投資有価証券売却など158億円を計上した。

2002年12月期の連結業績は、売上高が1兆4000億円、経常利益が400億 円、純利益が210億円を見込んでいる。また、配当については、これまでの年 20円から5円増配して年25円を計画している。

昭和シェル石油の株価終値は前日比13円(1.68%)高の789円。

東京 浅野 文重 Fumishige Asano --* 03-3201-7137 fasano@Bloomberg.net Editor:Abe

ガス NI GAS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE