コンテンツにスキップする

日本株【個別銘柄】:松下通信、NKK、コマツ、三光ソフラン

20日の日本株市場で動きが注目され る銘柄は次の通り。

松下通信工業(6781):19日に2001年10-12月期の連結純損益が199億円 の赤字なったと発表。これに伴い、通期の連結純損益見通しも従来の300億円 の赤字から440億円の赤字に今年3回目の下方修正を行った。国内携帯電話の 在庫調整や需要低迷に加え、新製品開発の遅れも響いた。

NKK(5404):20日付日経新聞によると、2002年3月期連結純損益は従 来予想の160億円の黒字からゼロに落ち込む見通し。米国子会社の業績が一段 と悪化していることが背景という。

高砂電器産業(6423):2001年12月中間期の連結純損益が3億7300万円の 赤字に転落した。前年同期は9億7200万円の黒字。カード部門の価格競争激化 に加え、カードシステムの棚卸資産評価損を計上したことが要因、

コマツ(6301):20日付日経新聞によると、2002年3月期の連結営業損益 は、従来予想の100億円の黒字からゼロに落ち込む見通し。公共投資や民間設 備投資需要の冷え込みで、建機市場の低迷が続いていることが要因。

住友金属鉱山(5713):2002年度と2003年度の2カ年に渡る中期経営計画 を発表。主力事業の強化とコスト削減を柱とし、2003年度の連結売上高は3800 億円(今期推定3200億円)、経常利益300億円(同15億円の赤字)を目指す。

富士通(6702):20日付日経新聞によると、仏最大の携帯電話機メーカー、 サジェムと、第3世代携帯電話事業で提携した。世界中で利用可能な端末を共 同開発し、2004年にも欧州や日本で発売したい考え。

全国朝日放送(9409):映画大手の東映の株式270万株を三井住友銀行から 取得したと発表。テレビ朝日はこれまで、東映株式を保有していなかったが、 今回の取得で所有割合は1.83%となる。コンテンツ力強化策の一環。

日産自動車(7201):同社が生産した自動車向けの情報提供サービス「テレ マティクス」に、NTTドコモ(9437)の第3世代携帯電話(FOMA)技術 を活用することを共同検討すると発表した。

東京電力(9501):20日付日経新聞によると、他社の営業地域で初めて、電 力の直接小売りに乗り出す。最初は、東北電力管内の仙台市が3月に実施する 入札に参加する方針という。

三菱電機(6503):20日付日経新聞によると、ネット上の身分証明を発行す る電子認証事業に本格参入する方針。電子政府化をにらんで官庁・自治体を中 心に展開し、2004年に30億円の売上げ計上を目指すという。

三光ソフラン(1729):ナスダック・ジャパン市場に新規上場する。旧三光 建設で、木造注文住宅の施工を中心に、ワンルームマンションの建設なども手 掛けている。主幹事はUFJキャピタルマーケッツ証券、公募価格は340円。

東京 院去 信太郎 Shintaro Inkyo --*(03)3201-8348 sinkyo@bloomberg.net  Editor:Akama

株式ニュース

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE