スイスのABB:2人の元CEO、退職金の一部返還に「前向き」

欧州最大の電機・エンジニア リング会社、スイスのABBの元最高経営責任者(CEO)、バーネビック氏と リンダール氏は、退職手当として受け取った1億3700万ドル(約180億円)の 一部返還に前向きな姿勢を示していることが、15日までに分かった。

ABBは13日、2人の元CEOに対し、退職手当の承認手続きが「不十分 なものだった」との複数の取締役会メーバーの判断を受け、一部返還を求めて いた。バーネビック氏は1996年までCEOを務め、昨年11月には会長職も退 任、リンダール氏は2000年12月までCEOだった。

同社の報道担当者が名前を明かさずに語ったところによると、「両氏ともに、 この問題を穏やかに解決することに前向きな姿勢を示している」という。

同社は今週、2001年決算はアスベスト(石綿)被害訴訟や人員削減などに 伴う費用13億ドル(約1700億円)が足かせとなり、純損失が6億9100万ドル となったと発表している。

チューリヒ John Miller 東京 小針章子 Akiko Kobari --* (813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE