米タイコ株が7.4%安-CEOが4分割計画完了を保証せず

14日の米株式市場で、複合製造業大手の米タイコ・インターナショナルの株価 が7.4%安と急落した。同社の企業分割計画が完了する保証はないと、コズロ ウスキー会長兼最高経営責任者(CEO)が指摘したことが嫌気された。

ウィルミントン・トラストのアナリスト、ビター氏は「タイコが分割計画 を破棄または修正する場合、市場は同社に厳しく対応する考えのようだ」と指 摘する。

タイコの14日の株価は前日比2.15ドル安の26.75ドルで終了。同社の株 価は、企業を4分割しプラスチック部門を売却する計画を発表して以来42%下 げている。先週には計画加速のための措置を講じたばかりだった。

コズロウスキーCEOは13日、市場関係者との電話会議で、「株主価値を 創出するあらゆる条件を検討中だ」と説明。防火、医療の両部門を年内に本体 から切り離すことはせずに、現状通り維持する可能性があると述べた。

ボストン Rachel Layne、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi、 --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE