米通信会社のクエストとレベル3:会計基準を順守と強調

米通信会社の会計処理に対する不 信感が強まるなか、クエスト・コミュニケーションズ・インターナショナルと レベル3コミュニケーションズは13日、昨年の顧客との取引について、会計基 準に沿って計上したことを強調した。

米当局は現在、破産法の適用を申請したグローバル・クロッシングが、帳 簿上で保有する通信回線を他社と交換するスワップ取引を使って、売り上げを 水増ししていたかどうかを調査している。

クエストやレベル3もスワップ取引を行っているが、当局が疑問を持つよ うな取引とは一線を画すよう努力していると両社は指摘。会計処理は一般に認 められた会計原則(GAAP)に沿うものだったとの声明を発表した。

U.S.バンコープ・パイパー・ジャフレーのアナリスト、ロビンソン氏 は、両社について「何も不正なことをしていないことを明らかにし、市場に安 心感を与えなければならない」と説明。「2社の会計に問題はないと思うが、投 資家を納得させるまでには時間がかかるかもしれない」と語った。

13日のクエストの株価終値は0.62ドル(6.7%)安の8.59ドルと3日続落。 レベル3は0.11ドル(5.0%)高の2.33ドルと4日ぶりに反発した。今月に入 ってクエストは18%、レベル3は22%それぞれ下落している。

プリンストン Don Stancavish、 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Kakuta

参考画面:

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE