UBSの10-12月期:24%減益-株価低迷で投資損失が膨らむ

スイスの銀行最大手UBSが 14日発表した第4四半期(10-12月)決算は、株式相場の低迷で投資損失が膨 らみ、前年同期比で24%減益となった。

純利益は11億スイス・フランと、前年同期の14億5000万スイス・フラン から減少した。アナリストの予想平均では、10億スイス・フランの利益が見込 まれていた。

同社は株価下落に伴い、プライベート・エクイティ(未公開株)への投資 評価損2億8700万スイス・フランを計上したほか、要注意債権への引当金を前 年同期の9500万スイス・フランから1億1500万スイス・フランに積み増した。

また同社は、2002年通期の利益が2001年の49億7000万スイス・フランを 上回るのは難しいとの見通しを示すとともに、「大幅な」人員削減は予定してい ないとも述べた。

チューリヒ Philipp Goellner、 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita、 --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net   Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE