米ジョン・ハンコックの第4四半期:55%減益-エンロン関連損失で

米生保 大手ジョン・ハンコック・ファイナンシャルが6日発表した第4四半期(10- 12月)決算は、経営破たんしたエネルギー卸売会社エンロンの社債などへの投 資を償却したことから、前年同期比で55%減益となった。同社はさらに、会計 処理の変更に伴い2000年通年と2001年1-9月期の業績を下方修正した。

第4四半期純利益は1億230万ドル(1株当たり34セント)。前年同期は 2億2640万ドル(同72セント)だった。総収入は前年同期比16%増の12億 6000万ドル。

同社は今回、エンロンの社債など債券投資で9770万ドルを償却したが、こ れは経費削減や自社株買いで利益拡大を目指していたダレサンドロ最高経営責 任者(CEO)の経営に大きな打撃を与えたとみられる。2000年通年と2001年 1-9月期の業績修正は、過去に相互会社の組織形態をとっていたこと伴う会 計上の変更を反映するためと説明している。同社は2000年1月に新規株式公開 (IPO)を実施した。

エンロンのなどへの投資損失懸念が広がるなか、ジョン・ハンコックの株 価は年初以降、10%近く下落している。6日の終値は前日比81セント安の37.20 ドル。

ニューヨーク Dan Lonkevich 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE