米FBI、グローバル・クロッシングの会計処理を捜査-関係者

米連邦捜 査局(FBI)が、経営破たんした通信会社グローバル・クロッシングの会計 処理について捜査していることが、事情に詳しい複数の関係者の話で6日まで に分かった。

同社は1月28日、連邦破産法の適用を申請。総資産は224億ドル、負債は 124億ドルで、米企業の破たんとしては史上4番目の規模だった。

FBIは、同社の財務部門の元バイスプレジデント、オロフソン氏が昨年 8月、経営陣に報告した売り上げ水増しなどの不正会計に強い関心を持ってい るという。米証券取引委員会(SEC)も、同社とオロフソン氏の顧問弁護士 に情報提供を求めた。

グローバル・クロッシングとオロフソン氏の弁護士の両報道担当者はコメ ントを拒否。FBIの報道担当官は「われわれは捜査について、肯定も否定も しない」と述べた。

サンフランシスコ Tom Giles ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE