登録車1月販売、「フィット」が3カ月連続首位-トヨタ以外で初 (2)

日本自動車販売協会連合会(自販連) が6日発表した1月に国内で最も売れた登録車(排気量660cc超)は、ホンダ の「フィット」で3カ連続の首位となった。トヨタ自動車以外で3カ月連続し て首位になったのは、自販連が車種別の統計を取り始めた1999年1月以来、初 めて。

上位10車種では、トヨタが5車種、日産自動車が3車種、ホンダが2車種 入った。自販連情報システム部の重久善信氏は首位になったフィットについて、 「ブランド力、性能、手ごろな価格が(消費者に)受けている」と指摘した。 また同氏によると、2位になったトヨタの「カローラ」はモデルチェンジ(全 面改良)が一巡したため、前年同月比19.5%減となったという。

2000年10月に発売を開始し、翌11月から14カ月連続で上位10車種にラ ンクインしていたホンダのミニバン「ストリーム」は、11位に転落。重久氏に よると、「(12月末から発売した新型ミニバン)『モビリオ』の販売のほうに力 を入れたためではないか」と指摘した。

モビリオの1月の販売は、月間目標台数5000台を下回り、3104台だった。 ホンダ広報部の須田一博氏によると、「受注が年明け(1月)7日ぐらいから入 ってきたため、実質発売の初月としては、まずまず」という。

ホンダはフィットが好調だが、日産自は2月26日に小型車「マーチ」を発 表、3月上旬には発売を開始する予定となっている。ドイツ証券の吉田達生ア ナリストは、「3、4、5月ぐらいから日産自動車のマーチ、トヨタの『ヴィッ ツ』とホンダのフィットとの戦いがみられる」との考えを示した。

軽自動車は「ワゴンR」が2カ月ぶり首位

軽自動車メーカー広報担当が話した数値をブルームバーグ・ニュースが集 計した結果によると、軽自動車(排気量660cc以下)では、スズキの「ワゴン R」が2カ月ぶりに首位となった。

ただ、ワゴンRは前年同月比17.4%減の1万2739台と大幅に前年実績を 下回っている。スズキの1月の軽自動車販売台数は前年同月比2.5%増となっ ているが、12月に新型「MRワゴン」を販売したため、ワゴンRの販売が伸び 悩んだ形となった。同様にダイハツ工業も、1月の販売台数では前年を上回っ たものの、11月に発売した「MAX(マックス)」の影響で、「ミラ」や「ムー ヴ」の販売台数が前年を下回った。

【1月の登録車販売台数】

〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「フィット」 (ホンダ) 13035台( --- )

2.「カローラ」 (トヨタ) 12030台(-18.5)

3.「ヴォクシー」 (トヨタ) 8123台( --- )

4.「ヴィッツ」 (トヨタ) 7871台(-20.3)

5.「エスティマ」 (トヨタ) 7733台(+13.7)

6.「ノア」 (トヨタ) 7579台( --- )

7.「キューブ」 (日産自) 5274台(-10.0)

8.「セレナワゴン」 (日産自) 5146台(+25.2)

9.「ステップワゴン」 (ホンダ) 4804台(+15.9)

10.「ウィングロード」 (日産自) 4708台(+100.1)

【1月の軽自動車販売台数】

〔順位、車名、社名、台数、前年同月比(%)の順〕

1.「ワゴンR」 (スズキ) 12739台(-17.4)

2.「eKワゴン」 (三菱自) 10484台( --- )

3.「ムーヴ」 (ダイハツ) 8851台(-27.9)

4.「ライフ」 (ホンダ) 8650台(-17.5)

5.「ハイゼット」 (ダイハツ) 7227台(+ 0.6)

6.「MAX」 (ダイハツ) 7071台( --- )

7.「MRワゴン」 (スズキ) 7034台( --- )

8.「ミラ」 (ダイハツ) 6987台(-23.7)

9.「アルト」 (スズキ) 6539台( --- )

10.「プレオ」 (富士重) 5201台(- 9.9)

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03) 3201-8960 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE