グローバル・クロッシング幹部、13億ドルの自社株売却-WSJ

6日付の米 紙ウォールストリート・ジャーナル(オンライン版)によると、破たんした国 際高速通信サービス会社グローバル・クロッシングの幹部は、1999年から2001 年11月にかけて同社の株式13億ドル(約1750億円)を売却していた。トムソ ン・ファイナンシャル・ランサー・アナリティクスの情報に基づいて報じた。

これは破たん企業の幹部による自社株売却としては、エネルギー卸売大手 のエンロンを上回る規模。同紙によると、創業者のウイニック会長がこのうち 約7億3500万ドル相当を売却した。同会長は依然として同社の株式を6800万 株保有しているという。

同社の広報担当コールター氏は、幹部は「所得の多様化と換金目的に、株 式を売買するのは日常茶飯事だった」と説明。米証券取引委員会(SEC)の 規則にも違反していないと説明している。

ロサンゼルス  Vivien Lou Chen、 東京    田渕 実穂  Miho Tabuchi --*(03) 3201-8473 mtabuchi@bloomberg.net    Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE