米複合大手のタイコ、大幅続落-信用格付け引き下げで

複 合製造業大手の米タイコ・インターナショナルは5日、信用格付けが引き下げ られたことで会社4分割案の行方に不透明感が広がり、株価が大幅に続落した。

5日の終値は6.80ドル(23%)安の23.10ドル。一時は26%安の22.25ド ルまで下落する場面もあった。年初来の下落率は61%。社債相場も下がり、利 回りはジャンク債(投資不適格債)級の水準に上昇した。

タイコは4日、銀行融資を借り入れ、同社のコマーシャル・ペーパー(C P)を償還すると発表。同日、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)と フィッチは、タイコの社債とCPの格付けを引き下げた。S&Pは、タイコの 社債を従来の「A」から「BBB」へ一気に3段階引き下げるとともに、CP は「A-1」から「A-3」に引き下げた。フィッチは社債を「A」から「A -」に、CPを「F1」から「F2」に引き下げた。

コズロウスキー最高経営責任者(CEO)は先月、同社を警備システム・ 電子部品、保健器具、防火・流体制御、金融サービスの4社に分割する計画を 発表したが、信用格付けで資金調達が困難になれば計画はとん座する可能性も ある。

ボストン Rachel Layne ほか 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Kakuta

参考画面:

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE