自動車株が軒並み安、円高への戻り受け、トヨタは持ち合い解消売り(2

自動車株が軒並み安い。外国為替市場 で円高基調となっていることが業績懸念の悪化材料となっているようだ。また、 トヨタは持ち合い解消の売りも出ているようだ。日産自動車が前日比19円 (2.66%)安の694円、マツダは同9円(3.17%)安の275円、トヨタ自動車 は同100円(2.93%)安の3310円、ホンダが同100円(1.87%)安の5260円。

東海東京証券・市場情報室の矢野正義室長は、「(朝方は)日経平均株価が (昨年9月17日に記録した)9500円(前後)に近づいており、市場では買い を見極める動きがある」と日本株全体の需給バランスを説明。そのうえで、自 動車セクターに関しては、「需給バランスもあるが、円高になったことも影響し ている」としている。また、トヨタ自動車については、「持ち合い解消も含めて 売り圧力がでてきている」という。外国為替市場では、前日の1ドル=133円 半ばから、同132円と円高になっている。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net Editor:Murotani

参考画面: 自動車関連のニュース(日本語): NI AUT JBN 自動車関連の資料(日本語): NI AUT CRJ

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE