コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ソニー:欧州でも広告代理店を集約へ-日米に続き世界的に一元化

ソニーは日米で広告代理店を1社に絞 り込んだのに続き、欧州でも集約を進めている。 同社は30日に日本で電通と、 米国ではインターパブリック傘下のユニバーサル・マッキャン社との提携を発 表。今後、それぞれの地域における広告戦略の構築と広告の掲載面や時間枠を 確保する業務を2社に集約すると明らかにしたばかり。

ソニーの出井伸之会長兼最高経営責任者(CEO)は電通との提携会見後、 ブルームバーグ・ニュースに対し、「グループの広告戦略に関する提案と広告の 掲載面や時間枠を確保する業務を(欧州でも)一元化する」と述べた。

欧米では1990年代半ばから大企業が広告代理店を絞り込む傾向にあり、日 本でもこうした流れに追随する動きが出始めている。英ボーダフォン傘下のJ -フォンは今月、取引先の広告代理店を従来の5社から博報堂1社に絞ってお り、日立製作所は昨年9月以降、海外での企業イメージの広告業務をインター パブリック傘下のマッキャン・エリクソンに一任している。

ただ、ソニーは今回、制作に関しては代理店間の競合関係を残す一方、広 告戦略と枠買いの業務を一元化することで、規模の効果を生かし、コスト節減 を目指す。ソニー・グループの広告関連支出は制作費も含め約2000億円に上る。 これは今期、同社が見込む連結純利益(100億円)の20倍に相当する。

ソニー広報センターの大久保弘嗣氏によれば、欧州地域は米国と異なり、 数多くの国にまたがるため、広告代理店は必ずしも1社ではなく、数社に絞り 込むことになる公算が大きい。窓口はソニー・ヨーロッパとなる見込みだ。

ソニーの午前終値は前日比10円(0.17%)安の5780円。

東京 鈴木 恭子 Kyoko Suzuki

鈴木 宏 Hiroshi Suzuki --* (03)3201-8868 ksuzuki3@bloomberg.net Editor:Murotani

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE