コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米経済ニュースサマリー:エンロン、ハネウエル、コカ・コーラほか

米金融経済、企業動向に主な関する ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

--------------------------------------------------------------------- ◎下院商業委、エンロン

米下院商業委員会は29日、会計事務所アーサー・アンダーセンに対し、同 社がエンロンに提供したコンサルティング・サービスについての詳細を明らか にするよう求めた。エンロンの簿外取引に使われた投資会社の設立でアンダー センが果たした役割を把握するのが狙い。

--------------------------------------------------------------------- ◎リアルネットワークス

音楽・映像用ソフトメーカーの米リアルネットワークスが29日発表した第 4四半期(10-12月)決算は、赤字幅が縮小。マーケティング、研究開発、企 業買収の関連コストを削減したのが背景。純損失は1180万ドル(1株当たり7 セント)と前年同期の3330万ドル(同21セント)から縮小。売上高は前年同 期比22%減の4540万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎エンロン

経営破たんしたエネルギー大手の米エンロンは29日、会社再建専門家のス テファン・クーパー氏(55)を暫定最高経営責任者(CEO)に起用する人事 を発表した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ブリストル・マイヤーズ、イムクローン

バイオ製薬イムクローン・システムズが開発中の抗がん剤「Erbitux」をめ ぐり、アナリストの間には、製薬大手のブリストル・マイヤーズ・スクイブが、 イムクローンに対し提携関係の見直しを迫る可能性があるとの見方がある。

--------------------------------------------------------------------- ◎ガイダント

米医療用品メーカー、ガイダントが29日発表した第4四半期(10-12月) 決算は、16倍の増益。純利益は1億3510万ドル(1株当たり44セント)と、 前年同期の840万ドル(同3セント)を大幅に上回った。売上高は前年同期比 11%増の7億1870万ドル。主力商品のシェア拡大が収益に貢献した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ファウンドリー・ネットワークス

ネットワーク機器メーカーの米ファウンドリー・ネットワークスが29日発 表した第4四半期(10-12月)決算は、1070万ドルの赤字。資産や在庫、不良 債権の償却費用が収益を圧迫した。1株当たりの純損失は9セント。売上高は 前年同期比38%減の6540万ドル。一部費用を除く実質ベースの利益と売上高は 市場予想平均を下回った。

--------------------------------------------------------------------- ◎コンセコ

米保険会社のコンセコは29日、保有資産の売却などを通じ最大8億ドルを 調達する方針を明らかにした。年内に支払い期限を迎える債務12億5000万ド ルの返済に充てる。

--------------------------------------------------------------------- ◎クラフト・フーズ、ケロッグ

米食品大手のクラフト・フーズとケロッグが29日発表した第4四半期(10 -12月)決算は、ともに34%増益。両社の業績にはそれぞれ、ナビスコ・ホー ルディングス、キーブラー・フーズ買収に伴うコスト削減効果が表れた。純利 益はクラフトが5億5600万ドル(1株当たり32セント)、ケロッグが1億2460 万ドル(同31セント)。

--------------------------------------------------------------------- ◎ヒルトン

米ホテル運営3位のヒルトン・ホテルズが29日発表した第4四半期(10- 12月)決算は、94%減益。昨年9月の同時テロの影響で旅行需要が落ち込んだ ことが響いた。純利益は400万ドル(1株当たり1セント)と、前年同期の6400 万ドル(同17セント)を大幅に下回った。売上高は前年同期比24%減の6億 6200万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎Kマート

連邦破産法適用を申請した米ディスカウント小売り大手のKマートは29日、 新たな広告キャンペーンを計画していることを明らかにした。同社の企業イメ ージを向上させ、集客力を高めるのが狙い。

--------------------------------------------------------------------- ◎UPS

米小荷物輸送最大手のユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)は29 日、景気低迷による輸送需要の落ち込みで第4四半期(10-12月)決算が11% 減益になったのを受け、第1四半期(1-3月)の1株利益は市場予想平均を下 回るとの見通しを示した。

--------------------------------------------------------------------- ◎ベリタス・ソフトウエア

データ記憶ソフトメーカーの米ベリタス・ソフトウエアが29日発表した第 4四半期(10-12月)は、赤字幅が拡大。企業買収コストが膨らみ、純損失は 2億430万ドル(1株当たり51セント)と、前年同期の1億2500万ドル(同 31セント)から拡大した。売上高は前年同期比1.1%増の3億7440万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎USスチール

米鉄鋼最大手のUSスチールが29日発表した第4四半期(10-12月)決算 は、赤字幅が拡大。製品価格の低下が響き、純損失は1億7400万ドル(1株当 たり1ドル95セント)と、前年同期の1億3900万ドル(同1ドル57セント) から拡大。売上高は14億1000万ドルと前年同期をわずかに上回った。

--------------------------------------------------------------------- ◎ハネウエル

複合製造業大手の米ハネウエル・インターナショナルが29日発表した第4 四半期(10-12月)決算は、54%減益。特許権侵害訴訟の関連コストや売り上 げ減少が響いた。純利益は1億1800万ドル(1株当たり14セント)。売上高は 前年同期比9.3%減の58億5000万ドル。

--------------------------------------------------------------------- ◎コカ・コーラ

ソフトドリンク最大手の米コカ・コーラが29日発表した昨年の販売数量は、 下方修正された予想レンジの下限と同水準だった。ことしの業績は、アルゼン チン通貨ペソの切り下げなど外国通貨安の悪影響を受けるという。第4四半期 (10-12月)の純利益は9億1400万ドル(1株当たり37セント)と、前年同 期の2億4200万ドル(同10セント)から増加。売上高は同4%増の49億2000 万ドル。

---------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、

--* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net     Editor:Kobari

参考画面:

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE