コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米Kマートが破産申請-J.P.モルガンなど2600億円のつなぎ融資

経営難に陥ってい る米ディスカウント・チェーン2位のKマートは22日、自力での再建を断念し、 シカゴの連邦破産裁判所に、連邦破産法11条(会社更生法)の適用を申請した。 卸売業者への支払いが滞り出荷を差し止められるなど、資金繰りが一段と悪化 したのに伴う措置。同社は同時に、J.P.モルガン・チェースを中心とする 銀行団から20億ドル(約2600億円)のつなぎ融資を取り付けたと発表。今後、 裁判所の認可を経たうえで、店舗閉鎖、人員削減を含む再建策に着手する考え を明らかにした。

発表資料のなかでコナウェイ最高経営責任者(CEO)は、「今後は会社の 立て直しに全力を尽くし、一刻も早く再建を完了させる」方針を表明。2003年 末までの達成を目指すとした。同社は当面、つなぎ融資を受けて全米2114の店 舗の営業を通常通り続けるが、4月末までに各店舗の経営状況を見直したうえ で、不採算店の整理を進める考え。アナリストらの間では、最大500店舗が閉 鎖される可能性があるとみられている。

同社は昨年2月から10月の間に計3億4400万ドル(約450億円)の赤字 を計上。ディスカウント店を中心に盛り上がった年末のクリスマス商戦でも、 強い財務基盤を武器に積極的な値引き戦略を取ったウォルマート・ストアーズ やターゲットなどが当初計画以上に売り上げを伸ばすかたわらで苦戦を強いら れた。年明け以降は、格付け会社による信用格付けの引き下げも相次ぎ、資金 繰りが急速に悪化していた。

同社の株式は今月16日、S&P500種株価指数の構成銘柄から除外された。 破産申請が正式発表された22日のニューヨーク市場では、株価は取引開始直後 から下落。結局、前週末比1.05ドル安の0.69ドルで取引を終了した。一方、 競合他社の株価は上昇。ウォルマートは同1.66ドル高の58.01、ターゲットは 同1.16ドル高の41.82で引けた。

ニューヨーク 河合美奈子 Minako Kawai --*(212)318-2328 minkawai@bloomberg.net    Editor:Kakuta

参考画面: Kマートの株価の推移: {KM US <EQUITY> GPO D}

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE