コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米MGM、70億ドルでの身売りを模索-関係者

ジェ ームズ・ボンドの「007」シリーズなどの映画を制作したメディア大手のMGM が最高70億ドル(約9200億円)での身売りを目指していることが15日、事情 に詳しい関係者の話で明らかになった。

MGMの経営権を握る著名投資家カーク・カーコリアン氏は、身売り先を 模索するためゴールドマン・サックスを顧問に起用。MGMの身売りを先に報 じていた15日付のロサンゼルス・タイムズ紙によれば、ウォルト・ディズニー やバイアコムなどの映画制作会社は買収価格に難色を示しており、買収提案を 行っていないとみられている。MGMは同計画についてコメントを控えている。

MGMの映画作品数は4100を超え、世界最大級。ディズニーやバイアコム など大手メディア会社がMGMを買収すれば、自社のテレビ放送網でMGM制 作の映画やテレビ番組を放映できるため、「いずれ、大企業の傘下に入るだろう」 (ハジック・キャピタルのマネジング・パートナー、ハジック氏)との見方も ある。

15日の米株式市場では、MGMの株価は身売り観測を背景に急騰し、一時 7カ月ぶりの高値である23.25ドルを付けた。終値は前日比2.39ドル高の22.27 ドル。

サンフランシスコ Adam Steinhauer、Mark Lake 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --*(03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net      Editor:Kakuta.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE