コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ブルームバーグNY市長:株式保有の利益相反問題で判断待ち-米紙

6日付の米紙ニューヨーク・ タイムズによると、ブルームバーグ・ニューヨーク新市長は、ブルームバーグ L.P.の株式72%を保有している問題について、市の利益相反委員会が判断 を下すのを待っている。複数の市当局者の話として伝えた。

ブルームバーグ氏は昨年、未公開企業である同社の経営から退いた。職権 乱用の批判を避けるため株式を白紙委任する方法もあるが、現実的でないと同 紙は指摘している。

ただ、同市が実際に資産売却を命じた例は少なく、ブルームバーグ氏が消 極的な新規株式公開(IPO)の実施や、財力ある単独の買い手への売却を義 務付ける可能性がある一方で、まったく変更を求めない公算もある。同氏のス ポークスマン、スカイラー氏によると、ブルームバーグ氏はいかなる内容でも 同委の判断に従う意向だという。

ニューヨーク Ken Jaworowski 、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --*(03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE