コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米小売業:15日まで週売上高0.5%減、今月は前年比小幅増のペース

東京三菱銀行とUBSウォ ーバーグが18日発表した米小売業界統計によると、先週(12月9日-15日) の米主要小売業の既存店売上高は、前週比0.5%減少した。1年前との比較で は、3.0%増で、前週と同水準の伸びを維持した。

同報告によると、客足はクリスマスの接近に伴い回復してきた。売り上げ はなお1993-2000年の中央値を下回っているものの、不振だった昨年の水準 をやや上回っている。12月の売上高は前年比横ばいないし1%増にとどまる見 込みという。

一方、調査機関インスティネットグループが同日発表したレッドブック小 売統計によると、15日まで1週間の既存店売上高は、前年同期比1.2%減少し た。12月前半は前月の前半に比べ4.6%減少、今月の月間見通し(前月比4.7% 減)にほぼ沿った展開となった。今月前半は前年同期比で1.1%の減少。

ワシントン 山広恒夫 Tsuneo Yamahiro TY --*(202)624-1968 tyamahiro@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE