コンテンツにスキップする
Subscriber Only

KDDI:早期退職制度を導入、1900人対象に-人事制度充実の一環

KDDIは、人事制度を充実させる ため、早期退職制度を導入することを13日に決めた。45歳以上の人員、約1900 人を対象に同制度を提示、応募した社員には最高で基本給の36カ月分の退職割 増金を支給する。14日にこの早期退職制度導入を含む一連の人事制度の充実策 を発表する予定。KDDIの前出治彦・広報部課長が明らかにした。

今回の早期退職制度の募集は19日から始め、2002年1月18日までの1カ月 間とする。KDDIでは対象者約1900人のうち、何人が実際に応募するかにつ いては不明としている。早期退職制度については、恒久的な制度として取り入 れる方針で、この制度を含めて人材の異動しやすさを制度面で確保していく。

早期退職制度はNTT東西地域会社、日本テレコムに続いて、KDDIも 採用することになった。

KDDIの株価は、前日と同じ27万円(午前9時42分現在)。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno MH --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE