NTT東西、ADSL料金を再値下げ-10月、ヤフーなどに対抗

東京 8月29日(ブルームバーグ):NTT東日本とNTT西日本は29日、 ADSL(非対称デジタル加入者線)の利用料金を10月から700円値下げする と発表した。加入電話と回線を共用する場合の月額通信料金は3100円、共用し ない場合は4750円とする。NTT東西は7月にも同料金を300円値下げしたが、 ヤフーなどが2000円台のサービスを打ち出しているのに対抗し、追加値下げに 踏み切った。

ADSL料金を引き下げる動きは、6月にヤフーが最低で2280円の料金を 掲げて事業参入を表明して以降、通信会社間で加速している。NTTコミュニ ケーションズ系のアッカネットワークスは、インターネット接続業者(ISP) のSCNを通じて今月から2980円のサービスを開始したほか、イー・アクセス も来月から、CSKネットワークシステムズを通じて2950円のサービスを提供 する。

通信各社は他のISP経由でもADSLサービスを提供しているが、通信 料金は月額3000円代後半にとどまっている。NTT東西はベンチャー3社を意 識した「採算ぎりぎりライン」(古賀哲夫NTT東日本取締役)の料金を打ち出 すことで、急増するADSL顧客を囲い込む狙いだ。

NTTの株価終値は前日比1万6000円(2.83%)安の54万9000円。

東京 上野 肇  Hajime Ueno     MH --*  (03)3201-8926   hueno@bloomberg.net

DSL普及状況公開ページ(総務省)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE