証券株が軒並み高:日本株上昇で買い戻しが優勢に-21社中20社上昇

証券会社の株価が軒並み高い。野村 証券は前週末比45円(2.01%)高の2285円、大和証券グループ本社は同32円 (2.98%)高の1107円、日興証券は6円(0.72%)高の845円など上場証券21 社中20社が上げている。日本株がTOPIX(東証株価指数)で上昇に転じ、 日経平均は連日高となっており、一段の収益悪化懸念がいったん収まっている。

市場では「米国株高につれて日本のハイテク株などに買い注文が先行して おり、証券株にも買い戻しが優勢になっている。これまで下げてきた後の自律 反発の動きがあらわれている」(小林治重・明光ナショナル証券投資情報部部 長)とみている。

値上がり率で目立つのは、東海東京証券の9円(3.90%)高の238円、イ ー・トレードの4000円(3.51%)高の11万8000円、大和証Gの2.98%など。 売買代金では野村証、日興証、大和証Gが多い。

業種別指数で、証券株はTOPIX値上がりの寄与度で6位になっている。 TOPIXは前週末比14.79ポイント(1.29%)高の1160.13、日経平均は同 168円55銭(1.51%)高の1万1334円86銭で推移している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno MH --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE