米AOLタイム・ワーナー:1700人削減へ-通期予想の達成目指す

インターネット接続・メデ ィア最大手の米AOLタイム・ワーナーは21日、経費削減のため従業員1700 人を削減する計画を発表した。同社は広告収入が伸び悩むなかで、財務上の2001 年通期予想の達成を目指している。

削減はアメリカ・オンライン(AOL)部門で約1200人、ネットスケープ 部門で500人実施する。この措置に伴い、第3四半期に1億-1億2500万ドル (約120億-150億円)の特別損失を計上する。

アナリストたちによると、同社はオンライン・サービスや雑誌、テレビ放 送での広告収入が鈍化しているため、一段の経費削減に迫られている。経費圧 縮を進めることで、ことし通期のキャッシュフロー(現金収支)見通し(110 億ドル)の達成につながる可能性があるとみられている。

1月にAOLがタイム・ワーナーを買収して発足したAOLタイム・ワー ナーは、これまでにリストラ(事業の再構築)の一環として、全従業員の7% に当たる6200人を削減している。

ニューヨーク Aimee Picchi 、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi               MK --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE