米ナップスター訴訟:レコード協会が早期判決の申し立て

音楽ソフトの無料交換サ イトを運営する米ナップスターを著作権侵害で訴えている米レコード協会(R IAA)は7日、サンフランシスコの連邦地裁に対し、公判を開かずに判決を 下すよう求める申し立てを行った。

RIAAは26ページにわたる申立書で「争点は2年近くに及ぶ訴訟で明白 になっており、原告は事実審理省略判決(法律問題だけで判断が可能な判決) を求める。ナップスターは著作権の寄与侵害責任と使用者責任があり、同社の 侵害行為は故意だった」と主張している。

同地裁のパテル判事が正式事実審理を経ずに判断を下せば、ナップスター は違反対象となった作品ごとに損害賠償を求められる可能性がある。ただ、「こ の訴訟の迷走ぶりを考えると、事実審理省略判決が行われれば驚きだ」(ベー カー・ボッツ社のインターネット専門弁護士、ニクス氏)とみる向きもある。

申し立てを行ったRIAAの意図について、レイモンド・ジェームズ・ア ンド・アソシエーツのアナリスト、レイ氏は、ナップスターを処罰するととも に、同社の模倣をしている者の行為を阻むことにあると分析している。

ロサンゼルス Joyzelle Davis ほか、 東京 山口 裕子 Yuko Yamaguchi              MK --* (03) 3201-8984 yuyamaguchi@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE