野村証が高い:収益の相対的な強さ目立つ、外国証買う-松井証も上昇

野村証券の株価が高い。前日比105円 (5.15%)高の2145円で取引が進んで連日の上昇、ほぼ半月ぶりの水準に上昇 した。証券各社の第1四半期(4-6月)決算が軒並み大幅減益になるなかで も相対的な強さが目立ったとの見方から買い注文が先行している。売買高は681 万5000株と東証1部13位、売買代金は145億円と同6位。

日本株が続伸していることも好材料で、野村証にはモルガン・スタンレー 証券、メリルリンチ日本証券、リーマン・ブラザーズ証券といった外国証券から の買い注文が目立つ。メリルリンチ日本証券の佐々木太アナリストは7月31日、 年度下期からの日本株回復を前提に、証券株では業界トップであり収益性も他 社に比べて強固な野村証が投資に有望との考えを示した。

他の証券株も総じて高い。大和証券グループ本社は前日比17円(1.57%) 高の1102円、日興証券は同2円(0.26%)高の786円など上場証券20社中16 社が上昇している。この日上場した松井証券も公募価格に比べて147円(10.5%) 高の1547円と買い進まれている。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面: 野村証券のインターネット、ホームページ :8604 JP <Equity>CWP

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE