コンテンツにスキップする

訂正:米小売業:7月28日の週売上高は前週比0.3%増-東京三菱銀

東京三菱銀行とUBSウォー バーグがまとめた米小売業界統計によると、先週(7月22日-28日)の米主要 小売業の既存店売上高は、前週比で0.3%増加した。地域、店舗によって好不調 が分かれ、特に目立った方向性は見られなかった。1年前の同じ週との比較では

2.2%増と、8週間連続で前年水準を上回った。

同報告によると、ブッシュ政権の大型減税法案成立に伴う戻し減税の小切 手発送が始まったこの週は、一部の小売業者で、手数料無料でこの小切手を現金 化するサービスを開始するなどの販売促進努力が見られた。その結果、ディスカ ウント店最大手ウォルマート・ストアーズの調査では、同店で小切手を現金化し た顧客がその25%から30%を消費したとの数値が出るなど、事前のギャラップ 社の世論調査(全体の79%が、貯蓄または借金返済に充てると回答)で得られ た感触以上に好調な出足となったという。

戻し減税のプラス効果が当面続くとみて、同報告は7月(8月4日までの4 週間)の既存店売上高見通しを前年同月比3.5%増と、月初予想(3.0-3.5%) の 上限に設定した。6月実績は同2.8%増だった。

一方、調査機関インスティネットグループが同日発表したレッドブック小 売統計によると、先週の既存店売上高は、前年同期比2.8%増加した。7月28 日 までの3週間累計では、前月比1.6%増加、前年比では2.2%の増加となった。

ニューヨーク 河合美奈子 Minako Kawai TY --*(212)318-2328 minkawai@bloomberg.net

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE