米国株【個別銘柄】:コーニング、HP、JDS、クアルコムなど

26日の主な銘柄は以下の通 り。

コーニング(GLW):1.79ドル(13%)高の15.56ドル。通信用光ファイ バー・ケーブル最大手のコーニングが25日の取引終了後に発表した第2四半期 決算は、リストラ費用や償却費を除いたベースでは1株当たり29セントの黒字 になった。調査会社ファースト・コールがまとめたアナリスト予想では同18セ ントの黒字と見込まれていた。

ゴーツー・ドット・コム(GOTO):3.40ドル(16%)高の24.55ドル。 インターネット検索サービスのゴーツー・ドット・コムの第2四半期決算は、 売上高が約3倍に増加したことから、赤字幅が縮小した。第3四半期純損益は 100万ドル(1株当たり2セント)の黒字となる見通し。同社は4月に、第3四 半期は500万ドルの損失になるとの見通しを示していた。

ヒューレット・パッカード(HWP):1.68ドル(6.5%)安の24ドル。コ ンピューター大手のヒューレット・パッカード(HP)は全従業員の6.5%に相 当する6000人を解雇すると発表した。消費者などからの需要が減少しているた め、今四半期の売上高は予想を下回るとの見通しも明らかにした。

ネクスト・レベル・コミュニケーションズ(NXTV):1.33ドル(26%) 安の3.80ドル。クレディ・スイス・ファースト・ボストンのアナリスト、パー ムリー氏は、通信機器メーカーのネクスト・レベル・コミュニケーションズの 投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げた。

ソニー(SNE):ADR(普通株1株に相当)は5.95ドル(10%)安の

51.86ドル。ソニーの4‐6月期決算は、テレビや携帯電話などの需要減退が響 き、事実上の赤字となった。ソニーは同時に、2002年3月期の連結業績見通し と設備投資計画を減額修正した。

アムジェン(AMGN):終値は57.72ドル。時間外取引では一時60.14ド ルに上昇。バイオテクノロジー大手のアムジェンが26日の取引終了後に発表し た第2四半期決算は、1株利益が30セントに増加し、ファースト・コールがま とめたアナリスト予想の28セントを上回った。

JDSユニフェーズ(JDSU):終値は9.47ドル。時間外取引では一時

7.75ドルに下落。光ファイバー部品メーカーのJDSユニフェーズが26日の取 引終了後に発表した第4四半期(4‐6月)決算は、78億9000万ドルの損失と なり、前年同期に比べて赤字が拡大した。人員削減規模を1万6000人に引き上 げることも明らかにした。

クアルコム(QCOM):終値は59.66ドル。時間外取引では一時63.50 ドルに上昇。携帯電話技術大手のクアルコムが26日の取引終了後発表した第3 四半期(4-6月)決算によると、1株利益は特別損益を除いたベースで22 セントとなった。ファースト・コールがまとめたアナリスト予想平均は21セン トだった。

プリンストン      Chris Dolmetsch 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo              MK --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE