米国株【個別銘柄】:アマゾン、シラス、ルーセント、ピープルソフト

24日の主な銘柄は以下の通 り。

ABB(ABB):ADR(登録株1株に相当)は2.40ドル(18%)安の

11.35ドル。スイスの電機・エンジニアリング会社ABBは、全従業員の8%に 相当する1万2000人を削減すると発表した。欧米経済の減速で第2四半期の利 益が半分以下に落ち込んだため。

アマゾン・ドット・コム(AMZN): 3.97ドル(25%)安の12.06ドル。イ ンターネット通販最大手のアマゾン・ドット・コムは、第3四半期と第4四半期 の売上高が、消費者の支出削減でアナリスト予想を下回る可能性があると発表 した。第3四半期の売上高は6億2500万ドル-6億7500万ドルとなる見通し。 ファースト・コールがまとめたアナリスト予想は7億3300万ドルだった。

アット・ホーム(ATHM):56セント(26%)安の1.60ドル。ケーブル テレビ(CATV)回線を利用した高速インターネット接続サービス(プロバイ ダー)のアット・ホームは、資金繰りのひっ迫を回避するため年内に資金調達す る必要があることを明らかにした。マキーチェン最高財務責任者(CFO)に よると、年末の加入者数は同社予想の480万人-510万人の下限になる見通し。

シラス・ロジック(CRUS):5.64ドル(23%)安の18.39ドル。DVD (デジタル多用途ディスク)やMP3向け半導体メーカーのシラス・ロジック は、第2四半期決算が特別支出を除いたベースで1株当たり15セント‐20セン トの損失になるとの見通しを明らかにした。ファースト・コールがまとめたア ナリスト予想では、1株当たり13セントの黒字になると見込まれていた。

インスティネット・グループ(INET):1.73ドル(11%)安の13.87ド ル。英金融情報サービスのロイター・グループ(RTR LN)の上期決算は、 前年同期比で21%の減益となった。同社は全従業員の約7%に相当する1340人 の人員削減を実施する予定。景気減速で顧客が支出の抑制を図ったのが響いた。 人員削減は向こう2年間で実施する予定で、その一環として同社の電子取引部 門インスティネット・グループでも240人を削減する。

ルーセント・テクノロジー(LU):1.47ドル(19%)安の6.43ドル。通 信機器メーカーのルーセント・テクノロジーは、1万5000人―2万人の追加人 員削減の実施と配当支払いの中止、さらに第4四半期(7月-9月)に最大90 億ドルの特別支出を計上する計画を明らかにした。第3四半期決算は減収とな り、赤字が大幅拡大した。同社は半導体部門のアギア・システムズ(AGR/ A)のスピンオフ(分離・独立)を最長で半年間延期する。アギアは90セント (13%)安の6.10ドル。

ピープルソフト(PSFT):終値は32.24ドル。時間外取引では一時37.40 ドルに上昇。ソフト開発のピープルソフトは24日の取引終了後、第2四半期利 益が特別支出などを除いたベースで1株当たり14セントに増加したと発表した。 ファースト・コールがまとめたアナリスト予想では、1株当たり12セントの利 益が見込まれていた。

Qロジック(QLGC):終値は40.74ドル。時間外取引では一時37.47 ドルに下落。半導体設計のQロジックが24日の取引終了後に発表した第1四半 期(4月‐6月)決算は、売上高がサン・マイクロシステムズ(SUNW)へ の値引きを除いたベースで9210万ドルとなった。調査会社IBESインターナ ショナルがまとめたアナリスト予想では9480万ドルの売上高が見込まれてい た。

プリンストン      Judy Fettner 東京 守護 清恵    Kiyoe Shugo             MK --* (03)3201-7499   kshugo@bloomberg.net

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE