CSFB:アナリストによる担当銘柄の自己保有を禁止

スイスの大手金融グループ、 クレディ・スイスの投資銀行部門、クレディ・スイス・ファースト・ボストン (CSFB)は24日、公正な投資判断を目指す一環として、株式と債券のアナ リスト430人に対し、担当する企業の証券保有を禁じることを決定した。米証 券最大手のメリルリンチも先に、同様の社内規制を実施している。

CSFBはアナリストらに対し、9月30日までに現在保有している証券の 売却を求めている。

証券アナリストも投資銀行部門の案件に協力するため、調査リポートや投 資判断は公平さを欠くとの批判が高まっている。このため証券各社は、投資銀 行部門とアナリストとの業務の分離に力を入れている。

業界団体の米国証券業者協会(SIA)は6月、アナリストの投資判断決定 に関する指針を公表し、アナリストと投資銀行部門との業務の垣根を明確にすべ きと勧告した。CSFBの社内規制は、業界の自主規制より一段と厳格な内容に なっており、アナリストの家族も規制対象となる。

CSFBは24日付の社内メモで、「われわれは、調査リポートの高い質と 独立性を維持する特別な義務を負っている。証券保有に関する新しい指針は、 アナリストの高い評価を保つのことに寄与しよう」との見方を示した。

ニューヨーク Tom Cahill 、 須藤 安見子 Amiko Sudo      MK --* (212)893-3701 asudo@bloomberg.net

企業別ニュース: