コンテンツにスキップする

KDDI社長:固定から携帯への通話料金引き下げ-年度内に1-2割

KDDIの小野寺正社長は19日の定 例会見で、固定電話から同社グループの携帯電話への通話料金を引き下げる考 えを示した。現在、固定から携帯への通話料金は、携帯から固定への料金に比べ て3分間で80円(平日昼間)高くなっており、この格差を今後3年間で縮小し ていく。まず今年度内に1-2割引き下げる。

NTTドコモの場合、固定から携帯への料金は携帯から固定に比べて10円 (同)高にとどまっており、J-フォンは70円(同)高い。携帯と固定間の料金 は、受発信を問わず携帯電話会社が決めるシステムになっている。

KDDIの株価は前日比2万6000円(5.32%)高の51万5000円(午後2 時47分現在)。

東京 上野 肇 Hajime Ueno    KO --*(03)3201-8926 hueno@bloomberg.net

参考画面: 企業ニュース:JBN18、NI KIGYO、NI COS KDDI 9433 JP <Equity> CN NTT 9432 JP <Equity>CN 日本テレコム 9734 JP <Equity>CN NTTドコモ 9437 JP <Equity>CN

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE