コンテンツにスキップする

イーバンク銀:23日開業へ-ネット少額決済に特化、送金手数料ゼロ

ヤフー、伊藤忠商事グループ、日本テレ コムなどが出資する「イーバンク銀行」は18日記者会見し、23日から申し込み の受け付けを開始、8月上旬から実際にインターネット上の決済が可能になると 発表した。同銀はインターネット上の決済に特化し、開業3年後に150万口座、 決済金額3000億円程度で黒字化できると見込んでいる。

開業時には50程度のネット上の店舗で利用できる。取引内容を確認し、暗証 番号を入力するだけでショッピングの決済が完了する。またイーバンクの口座保 有者への支払いは口座番号、金額、暗証番号を入力するだけで手軽に行うことが できる。

同銀の収益となるのは契約したネット上の店舗から受け取る手数料。料率は、 クレジットカードの加盟店手数料の半分程度に設定する予定だという。

口座開設には、1)ウェブで必要項目を入力、2)本人確認書類をファック スか郵送、3)イーバンクから送られたIDで電子証明書をインストール――す ることによって最短で4日で完了する。

ウェブ上の取引への不安を解消するため、ハッカーなどの被害を50万円まで 保険でカバーする。利子を付ける預金残高も50万円に制限する。口座への入金は 当初、第一勧業銀行、三井住友銀行、あさひ銀行(今秋以降)に設ける同銀の口 座を通して行う。一方、出金は、顧客が他銀行に有する口座への振り込みに限定 した。顧客は入金には実費、出金には315円を負担する。通帳、キャッシュカー ドも発行しないなどネット上での決済にこだわった。

今秋には米ペイパル社と提携して電子メールアドレスを利用した送金システ ムを導入、決済業務の幅を広げていく方針だ。また同時期に携帯電話による決済 もスタートする見通し。このサービスが始まると、外出先でも決済が可能になる。

インターネットなどオンライン専業銀行ではさくら銀行などが出資するジャ パンネット銀行やソニーのソニー銀行も営業を開始している。こうした先行する 銀行との違いについて、若山健彦副社長は「融資や貯蓄性の預金といったアセッ ト型のビジネスではなく、小口決済に特化した点」と強調、大株主でもあるヤフ ーとの提携により「Yahoo!オークション」、「Yahoo!リサーチ」の利用者の口座を 大量に獲得できると期待している。

東京 竹内カンナ Kanna Takeuchi KO --* 03-3201-8969 ktakeuchi@bloomberg.net

企業ニュース:JBN17, NI COS, NI KIGYO

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE