トヨタ:プジョーと提携、小型車の共同開発・生産で覚書に調印(2)

自動車生産世界第3位のトヨタ自動車 と仏自動車メーカーのプジョー・シトロエン・グループ(PSA)は12日、欧 州で小型車を共同で開発・生産する覚書に調印したと発表した。

ベルギー・ブリュッセルでトヨタの張富士夫社長とPSAのジャン-マル タン・フォルス会長(CEO)。

両社が共同で開発する新小型車は、1000ccのガソリン車と1400ccディー ゼルエンジン車。開発と生産は主にトヨタが受け持ち、資材調達はプジョーが 担当する。このため、両社は折半出資で合弁会社を設立するとともに、年間生 産能力30万台の新工場も建設、小型車を2005年から生産開始する予定。この 共同開発、生産に対する総投資額は約1590億円に上る見通し。

新型車は共通のプラットフォーム(車台)で生産し、既存の小型乗用車よ り低価格での販売を目指す。トヨタは今回の提携について、「低価格、燃費、環 境に対し、消費者の要求に対応するもので、今後拡大が予想される小型車市場 に対応できる」としている。一方、PSAは機械部品やプラットフォームなど を共同で開発・生産することで、規模の経済を確立するというPSAグループ の戦略を実現できる、としている。

新小型車の両社の生産、販売の比率は、PSAが年間20万台、トヨタが同 10万とする予定。

トヨタは2005年までに欧州市場での販売を現在の65万台(市場シェア

3.7%)から80万台(同5%)に引き上げる計画を掲げている。その戦略の1 つとして2001年1月にフランス工場(TMMF)で世界戦略小型車「ヤリス」 (排気量1000cc、日本名ヴィッツ)の生産を開始。欧州では2008年から車両 の二酸化炭素(CO2)排出量を大幅に削減する自主規制が導入されるため、 トヨタは2003年初めにはヤリス(排気量1400cc)のディーゼル車の生産も開 始する予定となっている。今回のプジョーとの提携により、欧州での販売増を 狙う。

日仏自動車メーカーの提携は2番目

日仏の自動車メーカーが提携するのは、99年の日産自動車と仏ルノーに続 いて2番目。日産自・ルノー連合はプラットフォームの共通化を進めている。 また欧州では、日産自がルノーの上級セダン向けに排気量3000cc級のエンジン を供給する一方、日産自が2002年に欧州で販売する次期小型乗用車「マイクラ」 (日本名マーチ)向けにルノーが小型ディーゼルエンジンを供給するなど、エ ンジンの相互供給に乗り出している。

トヨタの株価終値は前日比60円(1.39%)安の4260円。

東京 井上 徹二 Tetsuji Inoue TM --* (03)3201-7297 teinoue@bloomberg.net

参考画面: トヨタ自動車のインターネット、ホームページ :7201 JP <Equity>CWP 自動車関連のニュース(日本語): NI AUT JBN 自動車関連の資料(日本語): NI AUT CRJ

企業ニュース:JBN18