米国株時間外取引:マイクロソフト上昇‐時間外指数4.6%高

11日の米株式市場の時間外 取引では、予想以上の第4四半期(5月-7月)期売上高を発表したパソコン ソフト最大手マイクロソフトが上昇しており、12日の株式相場は高く始まりそ うだ。

マイクロソフトの株価はニューヨーク時間午後4時(日本時間12日午前5 時)終了の通常取引終値に比べ3.89ドル(5.8%)高の70.39ドル。売買高は 約420万株と、時間外取引で首位。シスコシステムズやインテル、オラクルな どコンピューター関連の大型株も高く、売買高上位28銘柄中24銘柄が値上が りしている。

IPSファンズで2億5000万ドル相当の運用に携わるロースト氏は、「あ すの寄り付きは高いだろう。マイクロソフトの発表のような大きな材料によっ て、相場の地合いは明らかに好転しよう」と指摘する。

ナスダック(店頭市場)主要100種指数の時間外取引の動き示す指数は75.24 ポイント(4.6%)高の1716.80。指数先物も時間外取引で上昇しており、ナス ダック100種先物(9月限)は72.00ポイント高の1732.00、S&P500種先物 (9月限)は15.70ポイント高の1201.00。

インターネット検索最大手のヤフーは、アナリスト予想を上回る第2四半 期決算が好感され、時間外取引で12%高の19.15ドルに急伸。携帯電話メーカ ーのモトローラも、第2四半期の実質ベースでの赤字がアナリスト予想より小 幅にとどまったことから、98セント高の16.65ドルに上昇した。

サンフランシスコ William Selway 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo                 MK --*(03)3201-7499    kshugo@bloomberg.net

種類別ニュース: