コンテンツにスキップする

日本株【個別銘柄】:アコム、マイカル、トーメン、アラ石、THK

9日の主な銘柄は次の通り。

アコム(8572):370円(3.7%)安の9710円と4日続落。6日に同社株式 1115万株、発行済み株式数の7.6%相当を売り出すと発表したことで需給が悪 化するとの見方が広がったものとみられる。しかし市場では、売り出しによっ て流動性が高まるため、中長期的にはプラス要因とする見方も出た。

マイカル(8269):6円(4.7%)安の123円と下落。米系格付け会社ムー ディーズが6日に同社の発行体格付けなどを引き下げる方向で見直すと発表し たことが嫌気された。資金調達コストの上昇を懸念する向きが、売り注文を出 したようだ。

トーメン(8003):13円(8.0%)安の149円と続落。一部報道で、世界銀 行は先週末、ウズベキスタンの綿花栽培事業改善プロジェクトで同社に不正行 為があったとして、同行融資事業との取引資格を3年間停止すると発表したと 伝えられた。この報道を嫌気したとみられる。

アラビア石油(1603):68円(5.9%)高の1216円と反発。中東歴訪中の平 沼赳夫・経済産業相は7日、クウェート市でスベイフ石油相と会談し、2003年 1月に契約期限が切れる同社のカフジ油田の採掘権について、契約を更改し操 業を継続させることで基本合意した。この報道をきっかけに同社株に買い注文 が膨らんだようだ。

THK(6481):一時96円(4.6%)安の1999円と、年初来安値を更新。 1999年4月28日以来、約2年2カ月ぶりに2000円台を割り込む場面があった。 6月の月次受注は前年同月比63%減の約43億円まで落ち込んだため、2002年 3月期業績は大幅に悪化するとの警戒感が広がった。終値は変わらずの2095円。

イーピーエス(4282):この日、ジャスダックにマーケットメイク方式で新 規上場した。初値は315万円と公募価格180万円を75%上回る好スタートとな った。終値は337万円。

日立金属(5486):27円(5.7%)安の445円と続落。情報技術(IT)関 連向けの受注落ち込みが続いていることなどから、2001年9月中間期の連結営 業利益が従来予想を12億円下回り、前年同期比83%減の25億円程度になると の一部報道をきっかけに、業績悪化への懸念が強まった。

トレンドマイクロ(4704):500円(15.1%)安の2810円とストップ安(制 限値幅いっぱいの下落)で6日続落。6日に公表した業績予想の概算で、成長 率の鈍化が懸念された。下落率は、東京証券取引所第1部トップ。

三菱化学(4010):7円(2.2%)安の316円と3日続落。国内外景気の低 迷を背景に石油化学事業の収益悪化が懸念されており、会社側による2002年3 月期の連結業績見通しは、達成が困難との見方が広がった。

銀行株:みずほホールディングス(8305)が2万3000円(4.3%)安の50 万7000円など銀行株が総じて軟調。株式相場全体の下落傾向が強まり、買い手 不在の状況となるなか、例年6月末の株主総会の後に目立つ事業会社との持ち 合い解消売りなどが優勢となった。株価指数と連動する仕組み債の償還に絡ん だ裁定解消売りも、銀行株の下げ要因の1つになったようだ。

日本テレコム(9434):4000円(0.8%)高の51万6000円と反発。6日に 発表された6月末の国内携帯電話加入者数(速報値、PHSを除く)で、傘下 のJ-フォングループの加入者純増シェア(月間加入者純増数に占める割合) が前月末比5.4ポイント上昇の28.4%と、3カ月連続で上昇したことが好感さ れ、上昇に転じた。

王子製紙(3861):7円(1.1%)高の630円と反発。前週末6日に、ブラ ジルのパルプ生産企業に対する出資比率を引き上げたことが明らかとなり、今 後の海外事業の拡大につながるとの期待感が強まった。

大日本インキ化学工業(4631):5円(1.5%)高の340円と反発。大日イ ンキ、東洋紡(3101)と国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究チーム が、耐久期間約1カ月の人口肺を開発、月内に販売するとの一部報道で、新た な収益源につながると期待された。東洋紡は4円(1.6%)安の243円。

富士重工業(7270):4円(0.5%)高の900円と2営業日ぶりに900円台 を回復。同社の自動車部門は国内販売で低迷しているものの、対米輸出におい ては円安効果もあって好調であることが評価されたようだ。また、田中毅会長 が不採算部門を統括することから、リストラが進む可能性も出てくると期待す る向きもみられた。

オンワード樫山(8016):36円(2.8%)高の1344円と反発。月次売上高の 好調が続き、2002年2月期連結決算は会社計画を上回るとの期待感が強まった。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki TU --* (03)3201-9250 mshiraki1@bloomberg.net

参考画面: アラビア石油           1603 JP <Equity> CN 東洋紡              3101 JP <Equity> CN 王子製紙             3861 JP <Equity> CN 三菱化学             4010 JP <Equity> CN イーピーエス           4282 JP <Equity> CN 大日本インキ化学工業       4631 JP <Equity> CN トレンドマイクロ         4704 JP <Equity> CN 日立金属             5486 JP <Equity> CN THK              6481 JP <Equity> CN 富士重工業            7270 JP <Equity> CN トーメン             8003 JP <Equity> CN オンワード樫山          8016 JP <Equity> CN マイカル             8269 JP <Equity> CN みずほホールディングス      8305 JP <Equity> CN アコム              8572 JP <Equity> CN 日本テレコム           9434 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE