米アプライド・マイクロ:4-6月期見通しを下方修正-赤字予想

サンディエゴ(米カリフォルニア州) 6月25日(ブル-ムバ-グ):光 ファイバー通信用半導体メーカーの米アプライド・マイクロ・サーキッツは25 日、需要減退を理由に、第1四半期(4-6月)の売上高見通しを下方修正す るとともに、実質損益は赤字に転落すると発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。