トヨタ社長:2005年には年間30万台のハイブリッド車を生産へ(2)

自動車生産世界第3位、トヨタ自動車 の張富士夫社長は15日、ガソリンエンジンと電動モーターを組み合わせたハイ ブリッドシステムを導入した新型ミニバン「エスティマハイブリッド」の発表 会で、「今後もさまざまなハイブリッドを開発し2005年には今の10倍にあた る年間30万台を生産したい」と述べ、ハイブリッド車や燃料電池車などの生産 に向け意欲を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。