東京三菱、UBS証:ネットの松井証券IPO主幹事-400億円調達へ

7月にも東京証券取引所第1部に直接 上場する松井証券の株式新規公開(IPO)の引受主幹事に東京三菱証券とU BSウォーバーグ証券が決まった。内外の投資家に向け株式を販売する。松井 証は取引株数ではインターネット専業の首位で、取引システムへの投資などに より競争力を高める。公募・売出総額は最大で400億円程度と今年の大型案件 の1つとなる。同案件に詳しい関係者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。