コンビニ株が下落、公取委が実態調査を開始―成長鈍化懸念高まる

セブン-イレブン・ジャパンなどコン ビニエンスストア株が軒並み下落。業態の成長性が鈍化しているとの見方が増 える一方で、公正取引委員会がコンビニなどのフランチャイズ・ビジネスに関 する実態調査を行うと13日発表したためイメージ低下が懸念された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。