国内証券34%減益、外国証券は2.96倍と明暗、前期利益-日証協集計

日本証券業協会は13日、会員証券会 社288社(国内証券238社、外国証券50社)の2001年3月期決算概要を発表 した。当期利益の合計は、国内証券が前期(226社)比33.8%減の2465億円だ った一方、外国証券は同(57社)2.96倍の382億円と明暗が分かれた。全社合 計の当期利益は、前期(283社)比26.1%減の2848億円だった。

一般企業の売上高に相当する営業収益は、国内証券が23.2%減の2兆2352 億円、外国証券は12.8%増の9865億円だった。日証協では全体でみて、国内証 券が株式相場や売買高の低迷、手数料引き下げの影響を受けたのに対し、外国 証券はディーリングなどが好調で利益が膨らんだと分析している。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno KO --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net

参考画面:

企業ニュース:JBN18